カードローン賢い利用法10選

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 2.00
カードローン賢い利用法10選 - 2.0 out of 5 based on 2 reviews

moneyカードローンやキャッシングサービスは急なお金が必要になった時に非常に便利なサービスです。しかし、気軽に借りることで借金地獄になっては意味がありません。ここではカードローン選びの10のポイントを紹介します。


1.カードローンははじめてならば無利息期間を利用する

カードローンははじめて利用する方だけに特典として、無利息期間を用意しているカードローンがあります。無利息期間とは文字通り金利0%ということです。この期間内に返済できれば利息は一切かからないのです。一般的には30日間であれば無利息とうたっているカードローンを利用しましょう。

2.カードローンは利用前に完済計画を立てる

カードローンは何度でも使える「枠」をもらえるためにどうしてもその金額の中であればいつでも借りれると考えてしまいがちです。しかし、これこそがはまりやすいワナなのです。一時的なお金が必要で借りる場合には、そのお金だけと決めた上で、各社が用意しているシミュレーターで毎月いくら返せば、いつ完済できるかを計算しましょう。それを着実に返済するのです。

3.銀行も消費者金融も、取立ては同じことを知ろう

一見、銀行のカードローンであれば、消費者金融のカードローンと違って、万が一返せない時の取立てが甘いのではないか。と思って銀行カードローンを選ぶ方もたくさんいます。しかし、実際は銀行カードローンの保証会社として消費者金融が入っていることが多いのです。保証会社として入るというのは、返済が不能だった場合、その消費者金融が代わりに銀行に返済して、債権は消費者金融に行くということなのです。つまり、銀行カードローンも消費者金融のカードローンも、取立て時は同じ消費者金融なのです。しかし、ドラマで見るような取立ての現場はあまりないので、無用に心配せずに条件のいいカードローンを選ぶことが重要です。

4.審査の前に使っていないクレジットカードは解約

カードローンの審査の時には、ほかの借り入れがどうなっているか、調査されます。他社のカードローンやクレジットカードなどの状況も調査され、使っていなくてもいつ使われるかわからないため審査上かなりのマイナスになります。使っていないクレジットカードなどは申込み前に解約しておきましょう。

5.クレジットカードのリボ払いよりはカードローンの方がお得

意外とクレジットカードでショッピングをして、返済をリボ払いにする方も多いのではないでしょうか。じつはこのリボ払いの金利は、カードローンの金利よりも高いケースが多いのです。リボ払いで払っているのであれば、カードローンに切り替えた方がお得です。

6.会社や家族にバレないために選ぶべきカードローン

カードローンを使うときに会社や家族にばれないか、これは一番気になる部分です。カードローンの審査の時には会社に在籍確認という電話がかかってきます。しかし、これは会社名を出さずに「鈴木と申しますが、●●さんいらっしゃいますか?」というシンプルなものバレル可能性はほとんどないのです。一点気をつけるポイントはローンカードの郵送です。ローンカードが必要いらないカードローンも出てきているので、ローンカードが必要ないカードローンを利用すればほとんどバレることはないでしょう。

7.審査は申込みの入力フォームで5割は決まってくる

申し込みの入力フォームはまだ申し込みの段階だから、と気を抜いている方もいるのではないでしょうか。しかし、カードローンの審査は入力フォームの段階で5割は決まってしまうのです。保険証の種類でその人の信用は変わってきますし、連絡先がケータイか、自宅の固定電話かでも評価は違うのです。また、記載ミスや嘘の記入などは、信用を下げる大きなポイントです。申し込みフォームは慎重に入力しましょう。

8.返済はネットキャッシングなどで手数料を削減

コンビニのATMからの借り入れや返済はATMの利用手数料がかかってきます。一番便利なコンビニのATMからの借り入れや返済ですが、1万円以内で105円、1万円以上で210円の手数料ももったいないポイントです。返済は契約した銀行や消費者金融のATMか、ネットバンキングで行いましょう。

9.カードローンは利用枠の増額ができる

カードローンの借入を半年以上使っていれば、一時的にお金が必要な時に増額の相談をすれば増額してもらうことが可能です。もちろん、増額の審査が必要ですが、返済遅延などがなければ審査も通るケースがおおいです。お金が限度額以上に必要だからといって、いたずらにカードローンの借入社数を増やすと借金返済不能に陥る可能性が高くなってしまいます。

10.カードローンの申込は半年間に3社まで

カードローンの申込を半年以内に3社以上申し込んでしまうと、申し込みブラックというブラックリスト入りしてしまう可能性が高まります。カードローンの申込は半年間に3社までと認識しましょう。

この記事が役に立ったと思う方は「いいね」をしていただけると嬉しいです

注目の記事

当たる懸賞応募のコツ10選
IMAGE 最近では、スマフォやインターネットの懸賞が増えたため、はがきの懸賞も少なくなりましたが、だからこそ狙い目とも言えます。無料で高価なプレゼントが当たる懸賞のコツを紹介します。 2013年6月13日(木曜)
稼げるビジネスマンになる10選
IMAGE できるビジネスマンは、どんなポイントを持っているのでしょうか。ここでは稼げるビジネスマン10のポイントを紹介します。 2013年4月02日(火曜)
資産運用と分散投資のコツ10選
IMAGE ある程度の資産があっても、それを何に投資するかは大きな分岐点になります。株式一社に全額を投資してしまったら、父さんによって、すべてがゼロになる可能性もあるのです。ここでは、リスクを分散させる、資産運用と分散投資のコツを紹介します。 2013年5月29日(水曜)
通販型ネット生保への切り替えで毎月の返済額が9000円以上お得に
IMAGE 生命保険も昔のように営業マンが販売する時代ではなくなりました。とくにネット生保というものが台頭したことで、ネット生保の生命保険への見直しをする方も増えてきました。今回はネット生保の代表格であるライフネット生命のアンケート結果を紹介します。 2014年7月03日(木曜)
海外専用プリペイドカードの使い方10選
IMAGE 海外専用のプリペイドカードというものを知っていますか?以前まではトラベラーズチェックが海外旅行の必需品でしたが、今や海外専用のプリペイドカードが主流です。この海外専用のプリペイドカードの使い方を紹介します。 2013年4月30日(火曜)
扶養控除と配偶者控除のコツ10選
IMAGE 扶養控除と配偶者控除というのは、所得税を下げる一番の方法です。しかし、どうすればいいのかは今一浸透していません。ここでは扶養控除と配偶者控除に関するコツを紹介します。 2013年3月30日(土曜日)
過払い金返還請求のポイント10選
IMAGE 金利18%以上で貸金業者からお金を借りていた場合には、過払い金返還といって、利息を取り戻すことができるのです。ここでは、過払い金返還請求のポイント10選を紹介します。 2013年4月15日(月曜)
住宅ローン賢い選び方10選
IMAGE 住宅選びは人生で一番大きな買い物です。またそれに伴う住宅ローン選びも選び方一つで何百万も負担額が変わってくるのです。ここでは住宅ローン選びの10のポイントを紹介します。 2013年3月30日(土曜日)
家を高値で売るコツ10選
IMAGE 子供が増えたから大きな家に住みたい、子供が独立したから家を小さくしたい、転勤をするから家を住み替えしたい、現在の家に不満がある、より環境の良いエリアに住みたい、と自宅を売ることが必要になる場合も出てきます。ここでは、家を売るときのポイントを紹介します。 2013年5月29日(水曜)
FacebookTwitter
トップ 借りる カードローン カードローン賢い利用法10選

カテゴリ別最新記事