生命保険見直しのコツ10選

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 2.75
生命保険見直しのコツ10選 - 2.5 out of 5 based on 2 reviews

family生命保険も、ネット生保の登場によって格安のものが増えてきました。しかし、商品はさらに複雑になり、FPや保険の相談ショップも増えていて、誰が本当のことを言っているのかよくわからない状況になっているのです。ここでは生命保険の見直しのコツをお教えします。


1.必要保障額を計算しなおす

生命保険を加入する際には必要保障額を計算したと思います。必要保障額というのは、世帯主がなくなった際に、その後必要になる配偶者のコストと、その後得られる配偶者の収入を差し引いた足りない金額のことを言います。生命保険の加入時には、この必要保障額は、一生の残りの年数が長い分高額になりやすいのですが、時間が経つと一生の残りの年数が短くなっていること、出産費用、育児費用、学費などのコストも子供が大きくなるにつれて減っていくこと、などから見直すと減っていることが多いのです。必要保障額が減れば、自ずと保険料も安くなります。

2.保険会社を見直す

これが一番手っ取り早い方法ですが、同じ保障であっても、保険会社によって保険料が異なります。例えば、ネット生保の場合、通常の保険会社と違って、店舗を持つ土地代、賃料、人件費、書類の郵送などの郵送費、などが格安になるためコストが非常に少ないことになります。その削減できたコスト分を保険料に還元できるため、ネット生保は保険料が安くなるのです。

3.住宅の団信に入れば必要保障額はぐっと下がる

民間の住宅ローンを利用すると必ず団信という保険に入る必要があります。団信は契約者が死亡した場合、残りの住宅ローンの返済は必要なく、住宅が自分のものになる制度です。この団信に加入しているか、いないかでは必要保障額が大きく異なってくるのです。住宅ローンで団信に加入したタイミングで保険を見直すのも賢い方法なのです。

4.無駄な特約がないかをチェックする

生命保険の場合は、主契約とそれに伴う特約で構成されています。この特約部分は、加入時点ではもしかしたらそういうこともあるかもしれないと不安を過剰に感じてしまい入ってしまうことが多いのですが、実際に数年経ってみて、その特約を使うシーンがあったかどうか?また、今後ありそうかどうか?を今一度考えてみることも必要なのです。必要ないと判断したら特約部分のみ解約することも、保険料下げるコツなのです。

5.貯蓄性の保険よりも、掛け捨て保険

今では、貯蓄性の保険よりも、掛け捨て型の保険の方が一般的になってきています。掛け捨てや終身保険の方が保険料はぐっと引き下げられるため、その余分な費用を株式投資などの別の資産運用に回すという方法で貯蓄性保険よりもお得になることもできるのです。

6.本当に必要か?再確認

生命保険は、付き合いで入ってしまう方が非常に多いのです。会社の付き合い、友達の付き合い、親戚の付き合いと、周りを見渡せば、生命保険の営業マンが一人はいると思います。付き合いで入ったためよくわからず勧められるままに契約している方もいるのです。今一度必要性を考えてみて、必要な保障がある生命保険に切り替えるのもひとつのてです。

7.子供が独立した時も保険見直しのタイミング

子供が独立したら、おのずと生活費も大幅に削減できるでしょう。生活費が減るということは、必要保障額も減るということなのです。必要保障額が減るということは、保険料を減らすこともできるということなのです。

8.FPに保険選びを依頼する際には無所属のFPを選ぶ

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談する方も多いと思います。FP(ファイナンシャルプランナー)は、保険会社に顧客を紹介するとバックマージンが入る形になっています。さらに保険会社に所属しているFPの場合は自社の商品を積極的に販売せざるを得ないのです。FPも顧客目線でアドバイスできなければ生き残れないほど飽和している状況のため、親身になってアドバイスをしてくれますが、FPを選ぶときには保険会社に所属していないFPを選ぶと良いでしょう。

9.自分で勉強しないとお得な保険は探せない

ネット生保は、一番保険料が安くてお得な生命保険会社です。しかし、インターネットであるため、自分で生命保険の商品がどれがいいのか?を判断しなければなりません。生命保険などの相談やFPの相談では、保険料が低く利益の取りにくいネット生保の商品はあまり扱っていないのです。つまり、一番安い保険料を探すには他の人に頼っているようではダメということです。少なくとも、最低限の知識は自分で勉強する必要があります。

10.生命保険の見直しの時には、一括資料請求で複数の生命保険を比較する

せっかく生命保険を見直そうとしているのであれば、多くの選択肢から比較検討しないと損をしてしまいます。こっちの方がお得なんて知らなかったというようにならないためには、複数の生命保険を比較する必要があるのです。今では、保険商品の一括資料請求サイト、比較サイトも多くあるため、参考にしましょう。

この記事が役に立ったと思う方は「いいね」をしていただけると嬉しいです

注目の記事

当たる懸賞応募のコツ10選
IMAGE 最近では、スマフォやインターネットの懸賞が増えたため、はがきの懸賞も少なくなりましたが、だからこそ狙い目とも言えます。無料で高価なプレゼントが当たる懸賞のコツを紹介します。 2013年6月13日(木曜)
稼げるビジネスマンになる10選
IMAGE できるビジネスマンは、どんなポイントを持っているのでしょうか。ここでは稼げるビジネスマン10のポイントを紹介します。 2013年4月02日(火曜)
資産運用と分散投資のコツ10選
IMAGE ある程度の資産があっても、それを何に投資するかは大きな分岐点になります。株式一社に全額を投資してしまったら、父さんによって、すべてがゼロになる可能性もあるのです。ここでは、リスクを分散させる、資産運用と分散投資のコツを紹介します。 2013年5月29日(水曜)
通販型ネット生保への切り替えで毎月の返済額が9000円以上お得に
IMAGE 生命保険も昔のように営業マンが販売する時代ではなくなりました。とくにネット生保というものが台頭したことで、ネット生保の生命保険への見直しをする方も増えてきました。今回はネット生保の代表格であるライフネット生命のアンケート結果を紹介します。 2014年7月03日(木曜)
海外専用プリペイドカードの使い方10選
IMAGE 海外専用のプリペイドカードというものを知っていますか?以前まではトラベラーズチェックが海外旅行の必需品でしたが、今や海外専用のプリペイドカードが主流です。この海外専用のプリペイドカードの使い方を紹介します。 2013年4月30日(火曜)
扶養控除と配偶者控除のコツ10選
IMAGE 扶養控除と配偶者控除というのは、所得税を下げる一番の方法です。しかし、どうすればいいのかは今一浸透していません。ここでは扶養控除と配偶者控除に関するコツを紹介します。 2013年3月30日(土曜日)
災害時のお金への対策10選
IMAGE 震災や洪水、火災や竜巻など日本は天災へのリスクも大きい国です。日本で住んでいる以上、被災した時に役立つお金関連の知識を把握しておきましょう。 2013年5月21日(火曜)
住宅ローン賢い選び方10選
IMAGE 住宅選びは人生で一番大きな買い物です。またそれに伴う住宅ローン選びも選び方一つで何百万も負担額が変わってくるのです。ここでは住宅ローン選びの10のポイントを紹介します。 2013年3月30日(土曜日)
家を高値で売るコツ10選
IMAGE 子供が増えたから大きな家に住みたい、子供が独立したから家を小さくしたい、転勤をするから家を住み替えしたい、現在の家に不満がある、より環境の良いエリアに住みたい、と自宅を売ることが必要になる場合も出てきます。ここでは、家を売るときのポイントを紹介します。 2013年5月29日(水曜)
FacebookTwitter
トップ 節約する 保険 生命保険見直しのコツ10選

カテゴリ別最新記事